ライフスタイル-価値観

その選択は「最高」ですか?

1年くらい前にこんな記事を書きました。 www.kilinya.com 何かを選択する時、結局何を選んでも正解だから、その中から今の自分に一番合った「最適解」を選んでいこうという話。 その気持ちは今も変わってません。 だけど、自分の行動を選ぶときに、もう一つ…

正解を求めるのではなく、最適解をつくりだす

正解を求めるのではなく、最適解をつくりだす 大学3年生の時に、研究室に配属されて、さて私はどんな卒論に取り組めばいいんだろう?って思って担当教授に相談したとき、「なんでもいいんじゃない?何がしたいの?」って言われて、戸惑ったことがあります。 …

日常の何気ない一幕に自分なりの背景や理由があるのは心地いい

秋の法事の時に、お経を上げてくださったお坊さんがこんな話をしてくれました。 左右の手のひらを見てください。 よーく見るとシワの入り方が違います。 シワの多い方の手は、ご先祖様の手。 反対側の手が、ご自分の手です。 2つの手のひらをシワが重なるよ…

よそ様の寝室事情が気になる

よそ様の寝室事情が気になります。 イヤらしい意味じゃなく。 営みがどうとかではなくて、もっと空間的な、各人のポジション的な話。 まぁ我ながら、あまりいい趣味でないことは自覚してるのですけど。笑 よそ様の寝室事情が気になる ベッドなのか、布団なの…

自由に選べるという幸せと贅沢

大人になってから、幸せを感じる瞬間が増えたなと思います。 それはたぶん、たくさんの本に書かれている、「幸せはなるものじゃない。気づくものだ」っていうのを知ったせいもあるでしょう。 そしてもっと単純に、大人になって自由にできるあれこれが増えた…

悩ましい買い物は売り手さんの人柄を見て決める

普段使いの通信機器の扱いに悩む日々 私は自他共に認めるメカ音痴です。 スマホなど超苦手。今までiPhoneとandroidあわせ数台を使ってきたけど、触っても触ってもまったく打ち解けられる気がしません。 プライベートのスマホは必ず夫と同じ機種にしてもらっ…

とにかく何でも無印で、を卒業しつつある

とにかく何でも無印で、を卒業しつつある 振り返ってみると、20代はシンプルなものに魅力を感じていたなぁと思います。 特に無印が大好きでした。 日用雑貨から家具家電から洋服まで、とりあえず無印で買っておこうみたいな。 無印で買っとけば間違いない、…

周りのみんながすごすぎて、ついていけない

周りのみんながすごすぎて、ついていけない。 そんな焦りを抱えて仕事し続けた特にこの一週間。今日は金曜日です。あーーーー、がんばった。 周りが凄すぎると思うのは、自分を過大評価してるから? ずいぶん前に職場を去った同僚が久々に連絡をくれたので、…

何に幸せを感じるのかは人それぞれ

キリンとアサヒの株主優待が一気に届きまして、我が家はいま飲み物パラダイスです。 缶コーヒーなんて普段買わないから新鮮。笑 株主優待で知った、夫の幸せポイント この2社さんは、毎年春になると株主優待のお知らせを送ってきてくれて、ビールセットとか…

歳をとってできるようになった物との付き合い方

何が必要で、何が好きで、物に何を求めるか 歳取って良かったなぁって思うことはたくさんありますが、モノを選ぶ選択基準が明確になったっていうのもその一つだと思います。 昔はそれこそ、目についた可愛い雑貨だったり、誰かがおすすめしてた化粧品だった…

【女性限定】やる気がみなぎるたったひとつの方法

【女性限定】とかたったひとつの方法とか、思わせぶりなタイトルにしました。 今日言いたいことは一言です。 やる気になりたかったら、おしゃれすればいいってこと。 人間、外見より中身だろと思う 幸せになりたかったら、自分に自信を持ちたかったら、身だ…

初めてのことは怖いし、一番大変なのは始めだけ

憧れだけど、怖くてできないことがある 実はずっと前から憧れてたファッションがありましてね。ぷぷぷ。 こうやって改めて文字にすると我ながらとても恥ずかしいんですけど、なんていうか、プロデューサー巻きにずっと憧れがあったんです。 こういうの。かー…

自分に自信の持てる装いができることも立派なスキル

きれいになりたい欲求が高まっている 最近きれいになりたい欲求が強まってきました。 私は、一年のうち秋冬が女度が上がり、春夏は男度が上がる、そんな習性があります。 夏の終焉とともに、女度が上がり始めたのかもしれない。 手始めに洋服を何着か買いま…

人生で大切にしたいもの3つを考えてみた

この前友達に面白い話を聞きました。 友人いわく、お金を貯める画期的な方法を知ってしまった、とのこと。 なんて私好みの話題なんだ。そういう話大好き。 お金を貯める画期的な方法って? ネットで知った方法らしいのですが、要は、 人生で大切にしたいもの…

本を定価で買うのはもったいない??本との付き合い方を振り返る

本を定価で買うのはもったいない?? 私は20代前半くらいまでずいぶんと節約志向が強かったです。 もちろん本も例外ではなく、読みたい本はいつも図書館で借りて読んでました。 社会人になってから図書館の魅力に目覚めて、常に快適な温度だし、本がタダで読…

「100万円あったら」という議論は虚しい、だがしかし

今週のお題「もしも100万円が手に入ったら」 今週のお題、もしも100万円が手に入ったら。こういうお題大好きです。嫌でも楽しい話になっちゃうから。 そう思って、意気揚々と書き始めましたが、思いのほか筆が進まず。 自分でもちょっとびっくりでした。 び…

なんだか最近充実感がない・・・と思ったら

仕事をし、子供の世話をし、家のことをやって、自分の人生も楽しむ。 人それぞれ色んな役割があって、それは人生を充実したものにもしてくれるけど、時々なんか疲れて「あぁ~、なんかなぁ」って思うことありませんか。 私はしょっちゅうです。笑 そしてそれ…

本当にお気に入りのものさえあればいい

以前、私は持ち物が多いと書きました。それは事実なんだけど、気持ちとしては持ち物だってなるべくシンプルに、少ない量で生きていきたいというのが理想。 今日は、そんな私の持ち物に対する思いを書いてみます。 大好きなお財布に出会って知ったこと 大学時…

「シンプルに生きたい」というスタイル

ミニマリスト、という言葉が流行ってますね。必要最低限のもので生活する生き方は、時に驚愕を生み、時に共感を生みながら、一つの生き方として定着してきました。 これだけ流行している背景には、やはり無意識的にも消費生活に疲弊した人々の多さがあるんだ…