【書いてみた】ミッションステートメント

きりん屋です、こんにちは。

色んな本を同時並行で読んじゃう癖があります。今はスピリチュアル系の本と、世界的な大ベストセラー本「7つの習慣」を読んでます。

7つの習慣-成功には原則があった!

7つの習慣-成功には原則があった!

  • 作者: スティーブン・R.コヴィー,Stephen R. Covey,ジェームススキナー,川西茂
  • 出版社/メーカー: キングベアー出版
  • 発売日: 1996/12/25
  • メディア: 単行本
  • 購入: 148人 クリック: 4,806回
  • この商品を含むブログ (777件) を見る
 

7つの習慣は25歳の時に初めて読んでから、今も理解のために読み続けている最中。

たぶんもうしばらくかかる。

自分でも時間がかかりすぎだろとは思いますが、自分の理解力のなさゆえ。そして少しずつ自分のものにしていく感覚がたまらなく楽しいのです。

 

さて、こちらの本の内容に関しては、いまさらきりん屋風情が書くまでもないくらい有名なので割愛するとして。

今日はそのベストセラー本の第2の習慣に出てくるミッションステートメントについて書きます。

 

f:id:kilinya:20160626134833j:plain

 

ミッションステートメントとは

 目的をもって始める最も簡単で大きな効果をもたらす方法の一つは、ミッション・ステートメントを書くことである。

その中で自分はどうなりたいのか、何をしたいのか、そして自分の行動の基礎となる価値観や原則を明らかにする。

要は、自分だけの憲法のこと。

人生は様々な選択の繰り返しだけど、個人の憲法であるミッションステートメントをきちんと持ってそれに従って物事を選択していけば、ぶれない生き方ができると。

 

良くない?

きりん屋初めて読んだ時から第2の習慣の部分が一番好きで、ミッションステートメントもめっちゃいいじゃんって思った。

そっか、自分で自分の憲法(ルール)を作って、それを守って生きていけばいいんじゃん、あたりまえのことじゃんって。

 

書くのはなかなか大変

それが、じゃあなんで25歳の時に初めて読んだときからミッションステートメントはいいアイデア!って思っていながら、今まで書いてこなかったのか。

ちょっと考えればわかることだと思うんですけど、ぶっちゃけめんどくさいんですよね。

価値観とか考えるの、めんどくさくないっすか?きりん屋はめんどくさい。

自分が何に重きを置きたいと思っているのか、頭の中にぼんやりとはあるんだけど言葉にするのって大変というか。

特にきりん屋は変に完璧を求めるところあるから、書くからには完璧なミッションステートメントを!って意気込んで、ネットで書き方とか調べちゃって、で、結局挫折みたいな。

別にミッションステートメントとか無くても、実生活では困ることもないし。

だって、ネットで調べてたらさ、

  1. あなたの人生に良い影響を与えた人を思い浮かべてください。その人のどんなところを見習いたいですか?
  2. 大切な人々に囲まれている20年後のあなたの姿を想像してください。周りにいる人たちは誰でしょう? そのときあなたは何をしていますか?
  3. 2つの超高層ビルの間に、幅15センチの鉄の橋が渡されているとします。何のためならそこを渡ってもよいと思いますか? お金? 名声? 兄弟? 家族?
  4. あなたが心から勇気づけられたときのことを書いてください。
  5. もし1年が366日だったら、その増えた1日には何をしますか?
  6. 一日中、大きな図書館であなたの好きなことを勉強して過ごせるとしたら、何を勉強しますか?
  7. あなたを何に例えたらよいか考えてください。花、歌、動物など何でも結構です。なぜそれを選択しましたか?
  8. あなたにとってのヒーロー、またはヒロインを挙げてください。なぜその人を選んだのですか?

こういうの考えて、自分の中にある価値観を見つけていきましょう。みたいな感じなの。

こういうの考えるの、きりん屋好きだよ。好きなんだけど、ちょっと大変じゃない。時間かかるじゃない。

時間かけてる間に、別の質問の答えもちょっと変わってきたり、質問に答えるのに必死になって、結局当初の目的の、ミッションステートメント考える前に嫌になっちゃったんだよね。

 

きりん屋のミッションステートメント

それが、このブログを始めてから、やっぱりミッションステートメント書こう!って思いなおしました。

そもそも自分だけの憲法を作るのに、何をそんな作り方とか調べてあまつさえ挫折してんのって自分でも呆れてしまったので、今回はもう難しいことは考えず、思うままに書いてみました。

 

前置きが長くなりましたが、これがきりん屋のミッションステートメントです。

  • 私は怒らない。何事にも心をかき乱されず、常に自由で穏やかである
  • 苦労や努力を他人に悟らせず、優雅に成果だけものにする
  • 自分のことを話さない。言葉は少なく情熱は内に秘めている。
  • 常に心の良いと思う方を選ぶ。それが家族の意見と反するときは、信頼し任すか、納得するまで保留とすること。
  • 自分と人に対し慈しみを持って接し、共に成長できることに喜びを見出す。
  • 息子に生きる指針を授ける。学び探求する楽しさ、自分の人生を全うする素晴らしさを教える一助となる。
  • 家族が幸せで満ち足りており、成長するための応援団となる。一番のファンとしてそばに寄り添う。
  • 良い言葉に振れ続ける。口から出る言葉や表現が自分を造ることを認識し責任を持って発する。
  • 美しくあることを放棄しない。
  • 自立した心と体を持つ。
  • ズルをしない、秩序を守る。太陽と両親に恥ずかしくない生活をする。

 

これ公開するのとても恥ずかしいんですけど、書いていて自分でも驚くほど楽しかったので、どうしても記事にしたかったのです。

ミッションステートメント、気になった方はぜひ書いてみてほしい。

きりん屋が、恥ずかしがりながらも自分のミッションステートメントを公開したのは、全然完璧なものじゃないけど、だからこそこれから手直ししていく楽しみがあるし、出来ればその気持ちを色んな人と共有できたらいいなと思ったからこそ。

もちろん、自分の成長や変化に合わせて更新していく必要もあるよね。

 

本では、ミッションステートメントを書く意義を語る部分の最後をこう締めくくっています。

書き上げる過程が、最終的な文書と同じくらい重要だと思う。

それは、ミッション・ステートメントを書く、あるいは見直すプロセスに、人を変える力があるからだ。

自分の優先順位について深く考え、自分の行動と信念を統一する力があるからである。 

ほんと、その通り。

書くために自分と向き合う時間とか何を大切にしたいと思っているのかを考える時間こそ大切。

 

きりん屋は結局挫折してしまったけど、人によっては前述の8つの質問のように答えていくうちに自然と自分の価値感が浮かび上がる問いがある方がいいかもしれない。

きりん屋のように、とりあえず書き始めてしまう方がいい人もいるかもしれない。

一言で表せる人もいれば、長い文章になる人もいると思う。なんでもあり。

 

ぜひ一度、時間をとって自分だけの憲法、書いてみてください。

めんどくさいと思うけど、楽しいです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村