環境を選べば成長の速度はどんどん早くなる

きりん屋です。こんにちは。

花金ですね。せわしなく動き回るうちにあっという間に一週間が過ぎていきます。

今期は仕事周りで色んな変化があり、特に一週間という時間のサイクルが早く感じます。

今日は昨日に引き続き、働く中で日々思っていることを書きます。

 

f:id:kilinya:20160630085909j:plain

 

私は契約社員で働いています。週5日。時短勤務で一日の実働は5時間。自分が了承しない限り残業はありません。

勤務時間に関して、以前は周りのみんなと同じように一日8時間働いていました。

子どもはいるけれど保育園に通っているし、幸い夫や母がかなり協力的なのでフルで働くことも可能だったのです。

それを、数か月間に時短勤務に切り替えてもらいました。

 

きりん屋にとってはかなり大きな決断でした。

まずは、それまでフルで働けていたのになんで急に時短になるの?と周りに不審に思われないかなということ。

ここについては全くネガティブなことは言われず。周りのみなさんの優しさ、気づかいに救われました。

もしかすると内心思うところがある方もいるかもしれないので、時短という制度に甘えずにできる仕事はやる、迷惑は最小限に抑える、という気持ちでやってます。

 

そしてもう一つ。

自分でも、労働時間3時間減でどれだけの働きができるのか、とても不安だったこと。

きりん屋は組織の末端として働いているので、実際に目の前にある案件に対応していくことが求められるわけです。

生産性も品質も他のみんなと横一列で数字が出るし、評価もされる。

もちろん実質の労働時間が短いんだから処理数が減るのは当たり前なんだけど、それを当たり前にしてしまうのは自分の気持ちが許せませんでした。

働く時間は短くなっても今やってる仕事はどれも楽しくて手放したくない。

でも組織として、上長はそれを認めることはしてくれませんでした。

当然ですね。これはむしろありがたいこと。

世間では、時短だろうが今まで通りの仕事量を任されて結局残業や仕事持ち帰りの毎日でボロボロになるなんて話も聞きます。

そういう意味では、きりん屋の会社や上長はとても良心的です。

 

感謝はしなきゃいけない。でも人に託した仕事は絶対巻き返そうと思いました。

だから、人より働ける時間が短い分、自分は周りの人の半分の時間でさらにクオリティの高い成果を出そうと決意しました。

実際にはそんな上手くいきません。

時短になった当初は、アレもしなきゃコレもしなきゃと焦るばかり。時間だけがあっという間に過ぎていって、はい時間切れ~今日も何もできなかった、なんてことも。

でも毎日毎日やってると、0.1%ずつでも上手くやれるようになる。

今でも正直、みんなの半分の時間とまでは言えないし、クオリティだって簡単に差をつけられるものじゃないよなーって思うこともある。

それでも、徐々に要領が良くなっていく自分に気づくことがある。

あ、これとこれ同時にやったら上手くいくなとか、

単純に締切り順で優先順位をつけるより他部署の確認事項が多いものから手を付けた方が最終的な締め時間を早められるなとか。

 

以前、人はある程度は自動的に成長していく生き物で、ストレスをかけることでさらに飛躍的に成長することができると書いた。

そしてそのスピードは、身を置く環境で2倍にも3倍にも変えられると最近実感してる。

 

きりん屋は元々今の仕事が大好きで、もちろん成長したい欲求も、会社や業務を良くしていきたい思いもずっとあった。

でも8時間で働いていた時より、3時間減した今の方がもっと成長できていると思ってる。

ストレスはある。なきにしもあらず。

朝席に着いた瞬間からギアは常にマックスで、とにかく頭とパソコンにフルで働いてもらってる。

特に退勤1時間前からが勝負で、ここでどれだけ上手くクローズできるかが勝負。

全てを片付けて定時に会社を後にできたときの爽快感はたまらない。これはもう半分中毒。

 

上手く波にのれると、まるで自分がドラマの主人公になった気分でやれるし、

何かと上手くいかない日はへらへら笑いながら心で歯を食いしばることもある。

それでも、その一日を乗り越えた後は朝の自分とは何かが変わってる。

それは自分でも気付かないほどの小さな変化かも知れないけど、2日3日、1週間と繰り返すと実感として分かってくる。

以前はこれが1ヶ月、半年単位だった。

でも今はほんの数日でガラッと変わる時があって、それはもうきりん屋の努力とかじゃなく、5時間で8時間分の働きをしたいと願える今の環境があってこそ。

 

1年前の自分も、その時できる最高の仕事をしていたつもりだし、自分の働きぶりに自信もあった。

でも今振り返ると、全然甘い。

だって今は、更に多くの業務を同時にこなしながら成果の質が上がってる。

別に会社としてはきりん屋にそこまで求めてないのかもしれない。

子どももいるんだしのんびりやればいいんじゃないの、何むきになってんの、って感じかもしれない。

そもそも一契約社員の動向なんて直接の上長以外は気にも留めてないでしょう。

でもきりん屋は、自分のために成長したいなと思う。

 

実は、人にお願いしてやってもらっている以前のきりん屋の仕事は、今も取り返せてません。

きりん屋の実力不足とアピール不足です。

でも、今は以前以上にたくさんの仕事をやらせてもらえています。

自分は全然知らなかった業務を思いがけず任せてもらえることが増えてとても嬉しく楽しくやらせてもらっているので、正直前の仕事はもういいかなんて思ってます。笑

 

自分にはちょっぴり厳しいと思う環境に身を置くこと。あとは、その環境と時間があなたを勝手に成長させてくれる。

いつかストレスを感じることなく楽しんでその変化を受け入れられるようになったら、きりん屋無敵じゃん!って本気で思います。

これから自分がどんな風に変わっていくのか、楽しみだな。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村