「たった3年で人生は変わる」

こんにちは、きりん屋です。

「たった3年で人生は変わる」というCMをご存知ですか?

何年か前のドコモさんのCMのようです。YouTubeでたまたま見かけました。

 


NTT ドコモ CM ワン・ダイレクション 「Message from 1D」

 

なんだか胸に響くものがありました。

3年という時間と人生を変えるということについて考えたとき、真っ先に浮かんだのは夫のこと。

 

夫は、きりん屋と同じく、学校や勉強や人付き合いが苦手で、内定のとれた会社になんとなく勤め、自分には向かないと判断して1年で転職し、新しい会社でも文句を言いつつ、かといって何か行動をおこすわけでもなく、流されるまま働くサラリーマンでした。

テレビとか漫画とかゲームが好きなTHE男の子みたいな人で、頼めば家事も育児も協力してくれるけど言わないと動かないし、でも友達に頼られるとものすごくやる気を出してしまうタイプ。

優しくてめんどくさがり屋で怠け者なところに、時に感謝しつつ、時に呆れつつ、学生時代からの延長で自然と一緒にいました。

 

そんな夫が、自分で事業をおこして働きたいと言い出したのが、ちょうど3年くらい前のこと。

きりん屋は当時、はいはい、あなたのことは私が一番良く分かってますよ大丈夫ですよ的な妻になりたくて、「そうなんやー、がんばりぃ」くらいの返事しかしなかったんだけど、内心とても驚きました。

え、どうしたん??え、どうしたん??ってなってました。

あれよあれよという間に会社を辞め、きりん屋には想像もできないような手続きを踏んであっという間に自分の会社を作った夫。

ただ感心するばかりのきりん屋。

 

f:id:kilinya:20160727081656j:plain

 

今思えば、幼児の息子と働かない妻を抱えて、上手くいくかもわからない事業を始めることの、そら恐ろしいことよ。

何が彼をそこに駆り立てたのか、いまだにわかりません。

でも、たしかに彼はいま、自分の力で仕事を作り、仲間を作り、楽しく一生懸命働いています。

3年前、いかに仕事中にうまくサボるかを突き詰めて考え実行しドヤ顔で語っていた夫はもういない。

今はスーパー夫となって、息子と妻の尊敬のまなざしを一身に受けています。

 

そしてそんな彼の行動力に感化され、怠け者の妻も働きに出るようになりました。

最初は少しでも家計の足しになればいいなくらいの気持ちだったんだけど、いまはお給料のことなんて二の次で、いかに自分を高めていけるかばかり考えているのはこのブログに書いている通りです。

働くのは嫌、でも専業主婦として家のことやるのも嫌。嫌々だらけだったきりん屋も、この3年でずいぶん考え方が変わって、生きるのが楽になりました。

 

CMに出ていた歌手の子たちほど大きな変化じゃなくても、夫みたいに働きかたや人間が変わったような変化じゃなくても。

きりん屋の、見た目は何も変わらないけど、人生に対する姿勢が変わるだけでも全然違うのです。

「たった3年で人生は変わる」

ホントだよ。たった3年で、人生ってガラっと変わる。

それを思うとわくわくしちゃって、今日もがんばろうって気持ちになります。