100日間夢をノートに書き続けたら叶った

こんにちは、きりん屋です。

ブログを書き始めてすぐのころ、とある本の感想文を書きました。

その本がこちら。

夢がかなうとき、「なに」が起こっているのか?

夢がかなうとき、「なに」が起こっているのか?

 

この本の中で、「秘伝のアレ」という夢をかなえる方法が載っています。

ブログには書かなかったんだけど、きりん屋はその秘伝のアレをやってみて、そして本当に夢が叶っちゃったので今日はその話。

 

タイトルを見ておわかりの通り、秘伝のアレとは「100日間ノートに夢を書く」という一見すると地味な感じの方法です。

いつ書くか、どう書くか、コツみたいなものもあるので、気になる方は本書をご覧ください。

きりん屋はなるべく本に書いてある通りにルールにそってやろうと思ったんだけど、実際は結構自己流になってました。

でも、ぴったり100日間書いた。毎日まいにち書きました。

最終的には、夢に叶ってほしい!とか絶対叶えたい!とかいう気持ちよりも、もう日課みたいになって、粛々と淡々と続けることができた感じ。

内心、こんなんで夢が叶えば苦労しないよとも思ってました。

 

100日目が6月20日。この時点ではどの夢ももちろん叶ってない。

本に従って書くのはやめて、そのままそんなことやってたのも忘れてました。

で、昨日突如、叶ったんです。びっくり。

そして叶ってからやっと、「あ、そうだ私これノートに書いてたんだった」って思い出しました。

本当に叶っちゃった。2重にびっくりだよ。

 

f:id:kilinya:20160805062757j:plain

 

秘伝のアレでは、夢は3つ書くんですけど、つまりあと2つ残ってる。

これも叶うのかな。やべー、めっちゃ楽しみなんですけど。なんか一気にめっちゃ楽しみなんですけど!

100日間がんばった自分に万歳だわ。

 

この秘伝のアレは、100日間書き続けたら100日間はお休みするってルールなので、次の100日までにまた夢3つ探しとこう。

これやって一番痛感したのって、きりん屋は夢を見つけるのに慣れてないなーってこと。

これ夢だって思っても、書いてるうちに「なんかそうでもないかも」みたいな感じになっちゃったりもしたし。たった100日で飽きる夢って!

それに、書いてるうちに「これは自力で叶えられんじゃね?」って思うものもあった。せっかくこんな簡単に叶うのであれば、もっと壮大な夢にしたいという貧乏根性。笑

色んな雑念が邪魔して本当の夢が見えにくくなってる気がします。

でも夢を考えるのはわくわくするし、わくわくしながら見つけていければいいかな。

以上、詳細が書けなくてふんわりしてますが、今日はここまでといたします。