正しくあることは気持ちがいい

きりん屋です、こんにちは。

家族を含めた全ての人に対して「自分の箱に入りがち」な人間です。

昨日書いた通り、今後は自分の中に生まれた「人のためにしてあげようと思ったこと」をどんどん実行して、箱に入る隙を自分に与えずに生きていこうとしております。

 

f:id:kilinya:20160807152956j:plain

 

経過観察1日目。とてもとても順調です。

自分でもびっくりするくらい順調。

何がびっくりって、自分が思いのほか人のためになることを考えてるんだなってところ。

 

きりん屋は自分のことを割と人類の底辺だと思ってて、自分に甘くて人に厳しいし、ズボラだし、怠け者だし、損得勘定で物事を判断するし、損をすると怒る。

そういう人間なんで、我ながらどうしようもないなーと思ってました。

けどね、気を付けてると、朝起きた瞬間からぽつんぽつんと人のためにすべきことが浮かぶのがわかるのね。

浮かぶっていうか、思いつくっていうか。

あ、これ今のうちに片付けといてあげよう、とか。

ここ汚れてるから掃除しとこう、とか。

小さいけど、人のためにすべきことにどんどん気づけるのですよね。

 

人って素晴らしい。

人間て全然捨てたもんじゃないんだよ。

少なくともきりん屋は人類の底辺ではないと思う。これだけ世のため人のための発想が出来るんだから。

あ、違うか。ちょっと違うね。

今までもきっと人のためにやるべきことは浮かんでたけど、それをスルーしてた(だからこそ箱に入ってた)んだ。わかっていても実際に行動しないんじゃ意味ない。やっぱり底辺だったわ。

 

たぶん人は、生まれたときから人のために行動しようっていう機能が身についてる。

こうしてあげたら誰かが喜ぶなっていうのに、自然と気付くようにできてる。

ただそれを見過ごしちゃったり、めんどくさいなって思って実際に行動を移さない人もいて、そういう人は箱に入っちゃってどんどん負のスパイラルに巻き込まれていくんだ。

 

そういう意味では、きりん屋は生まれ変わりましたので、もうばしばし行動しちゃうから。

以前はなんで自分ばっかり犠牲になって人のために何かしなくちゃいけないの、そんなの偽善だろって思ってたけど。

人の喜ぶことをするのは、巡り巡って自分のためなんだ。

情けは人のためならず。自分のためにこそ、人に親切にしていこう。

あと、何事もやり始めはいいけどだんだんまた元のきりん屋に戻っていくことがあるので、そこも気をつけたいね。

うん、がんばろう。