芥川賞「コンビニ人間」の著者に興味しんしん

きりん屋です、こんにちは。

すべてにおいてミーハーな人間なので、ベストセラー本は多少遅れることがあってもたいてい読みます。

 

ただし芥川賞だけは別。

芥川賞の受賞作品はなんとなく苦手意識があってあんまり読みません。

なんか独特の作品が多い気がします。不明瞭というか。

素人にはわからない良さがもちろんあるんでしょうけど、きりん屋はまだそこに至れず。

 

なんだけど、今回選ばれた「コンビニ人間」はきりん屋の周りでも好評で、複数人から勧められたので気になって読んでみました。

コンビニ人間

コンビニ人間

 

 

うん、独特です。すごい話。

でもとても面白い!こんなにサラサラ読める芥川賞作品、はじめてな気がする。

普段本を読まない友人も面白かった!って言ってたので、お時間のある方はぜひ読んでみてほしいです。

 

あんまり面白くて、著者のことを調べてみたら、ご本人も相当面白そうな方なんですね。

matome.naver.jp

パイプのくだりとか面白すぎる。こういう人好き。

こちらのページでも紹介されているほかの著書も面白そうですね。

殺人出産 (講談社文庫)

殺人出産 (講談社文庫)

 

 

消滅世界

消滅世界

 

「想像力の極限の可能性を教えてくれる強烈な小説」って。 

読んでみよう。今度本屋さんで買ってきます。楽しみ~。