ブログがうまく書けない、そんなときもある

きりん屋です、こんにちは。

自転車をシャカシャカこぎながら、もしくはガツガツ歩きながら考え事をするのは昔からとても好き。

前に動きながら考え事をすると、自然と前向きな考えになるような気もします。

 

f:id:kilinya:20160928202202j:plain

 

今は会社からの帰り道に、今日は何をブログに書こうかな~って考えるのがとても楽しいです。

最近読んだ本のこと、その日会社であったこと、かかわりあった人たち、自分の心理状態や心境の変化なんかを考えていたり、思いがけず目にした光景を見ているうちに「あ、あれについて書こう」ってまとまっていきます。

書き出しはどうしようとか、どんなたとえ話を入れるとわかりやすいかなとか考えてみたり、考えているうちにうまい言い回しを思いついてニヤついたり。

こうやって頭の中で考えているときが、実は一番楽しいかもしれません。

 

実際に文章を書き始めてみると、思った通りいかないなってことが実は多いです。

今日もそう。

本当は書きたいことがあったんだけど、うまくまとまらなくて、あきらめて今これを書いてます。

キーボードを打つ手が進まないときは、きりん屋はもう何をどうしても書けないので、思い切ってその話は捨てて、全然違う話題にします。

あと、ガツガツ書けてても読み返してみると、えらく根暗な文章だったり卑屈になり過ぎてたりして、なんか違うってなるときもある。

プロの書き手さんは、こういう時も与えられたテーマで、一定のテンションできちんと仕事をするんだろうなと思うと本当にすごいですね。

 

書きたいことが明確なときは、いったん書き出してしまうとあっという間に書きあがるんだけどなー。

ムラっ気ありまくりです。こういうのって、書き続けているうちに自然と改善されていくのかな。

ちゃんと意識してやっていかないといつまでも一緒かな?

 

ブログを書いたり、ほかの方のブログを読んでいると、みなさんどうやって書かれてるんだろうって思う時があります。

どうやってテーマを決めてるんだろう? どうやって文章を考えてるんだろう? 家で書いてるのかな? きっと外で書いてる人もいますよね。一人で集中して書いている人もいれば、人としゃべったりテレビを見ながら書いてる人もいるのかなぁ。 

画面に並ぶ文字の向こうに、いろんな人や生活があると思うとなんか胸がドキドキする。

書きたいことも文章の作り方や言い回しもキャラクターも、人によって全然違って、いろんな世界を教えてもらいます。

ブログ始めてよかった。

うまく書けなくて「うーん」てなることもあるけど、やっぱりとても楽しいです。

今日書けなかった話、明日はちゃんと書けるといいな。では、また。