「必要なものなら、経済的に許す範囲で最高のものを買うべきだ」

きりん屋です、こんにちは。

 

最近書き取ったメモにこんな言葉があります。

必要なものなら、経済的に許す範囲で、最高のものを買うべきだ。

 

たぶん何かの本の一節なんだけど、そこは書かれてなくて不明。我ながらずぼらだな。

でも何かきりん屋の琴線に触れたからこそわざわざメモったんだろうな。

確かに最近、買うなら最高のものがいい、って思ったことがあったので今日はその話。

 

タイツの話です。

男性のみなさんには馴染みのない代物でごめんなさい。

タイツって、秋冬に女性をかわいくしてくれる素敵アイテムなので許してください。笑

男性女性問わず、タイツ自体は好みじゃないって人もいるかもしれないけど、タイツがあるから冬はスカートをはくっていう人もいるのでね、やっぱりタイツは素敵アイテムだと思うんですよね。

 

f:id:kilinya:20160929204401j:plain

 

きりん屋も毎年タイツのお世話になってて、今年も買いました。

ここ数年、タイツはお決まりでこれ。

ピエールマントゥーのべルーティン。グレーやネイビーがお気に入り。

大好きな菊池京子さんが紹介されていて知りました。

最初「タイツに5000円!?バカげてる!」って思いました。

当時はよくある三足1000円のものを愛用していたので、10倍以上の値段に完全にビビってました。

それが、たまたまデパートで見つけて、確かその時使用期限の迫った商品券を持ってて、よし買っちゃえって感じで購入。

大げさじゃなく、清水の舞台から飛び降りた気分でした。

 

でもね、実際に使ってみるとやっぱりすごく良い。

手触りも、履いたときの収まりも、全然違う。すごい気持ちいい。

何より5000円のタイツと思うと、例えばブーツの金具にひっかけて穴開けたりしたら大変だから、何をするにも丁寧になるんです。

歩くときも、そろそろ歩いちゃう。

座ったときに鏡に映った脚を見てもなんか余裕だし、膝のあたりに手をそろえるときにさらっと触れる手触りにもうっとりします。

なんかね、すごいお嬢様になった気分だったんですよね。

たかがタイツで。つまり、されどタイツです。

 

だいたい秋口に3足買って、ヘビーローテーションで使います。

貧乏性ゆえ丁寧に手洗いするし、上に書いたように慎重になるのでかなり長持ちします。毛玉とかもできないし。

くたびれてきたかなと思ったら年始のバーゲンで新しいの買ったりもしますけど、それでもちょっと良い冬服を一着買うより安く済む。

きりん屋はたぶんこれからも、洋服を一着買うよりもこのタイツを買い続ける方を選ぶと思います。

 

よく、一度本当に上質なものを使ってみるといいっていう話を聞くけれど、きっとこういうことじゃないかなと思います。

もちろん金額さえ高ければいいってわけじゃないけど。

物の良さを知らなければ判断できないので、最初は金額を一つの指標としても良いと思う。

もしかしたら自分には合わなくて痛い出費になることもあるかもしれないけど、知っているのと知らないのじゃ全然違う気がします。

そうして見る目を養って、自分にとって上質なものを選ぶ力を身に着けていければいいよね。

 

きりん屋は、自分でも自覚があるくらい間違いなく貧困層側の人間なんですけど、それでも自分のお財布が許してくれる範囲でこれからも自分が良いと思うものを自由に選んで生きていきたいなって思います。