家計のお財布を夫に任せたら、すごく楽になった

きりん屋です、こんにちは。

 

夏前くらいに、お家の中のことでちょっとした変化がありました。

それがタイトルの通り、「家計のお財布を夫に任せるようになった」ってこと。

そしてそれから数ヶ月、すっごく楽になったな~!って感じているので、今日はその話です。

 

f:id:kilinya:20160930200050j:plain

 

きりん屋のお家では、家族で出かけるときはきりん屋がお財布を持ってました。

結婚当初、専業主婦だったのでなんとなく自分が家計を管理するようになり、その流れでお財布もずっと自分が持ってたし、お会計もきりん屋がやってたんです。

 

だけど、ある時、お財布を自分が持ってる意味あるかな?って疑問に思いました。

実は昔に比べると家計管理もほとんどしてなくて。笑

だったら夫に任せちゃってもいいんじゃないかなと思って相談したら、彼も思いのほか前向きに賛成してくれたんです。

夫も私もお小遣い制じゃなく、自分の稼ぎの中から任意の額を「家計用口座」に移すやり方になってたので、その口座のカードを夫に渡してあとは彼の好きなようにやってもらうことにしました。

 

そしたらもう本当に楽ーーーー!!!

なんでもっと早くこうしなかったんだろうって思うくらい、すごく快適です。

出かけるときもお財布持たなくていいし。

お会計も夫任せなのでのんびりできる。

本当に楽ちんです。ありがたや。

 

ちょっと心配してたのが、ぼんやりしてる夫なのでお会計のタイミングになって「あ、お金おろしてなかった!」とかなったら困るな~ってところだったんだけど、これも今のところ全然大丈夫。

定期的に確認して、おろしてくれてるみたい。

あと、主に保育園から突発的に渡される集金袋。

でもこれも、一言「集金袋に○○円入れて~」っていうと、ちゃんと準備してくれます。

こういう集金袋ってお釣りがないように準備しなくちゃいけなくて、きりん屋がやってた時も小銭を用意するのが手間だな~と思ってたけど、夫は文句もなくきっちり準備してくれるので本当に助かります。

夫の意外にマメな一面も知ることができました。

 

男の人って、もともとお金の管理が苦じゃない人が多いのかな。

なんとなくで奥さんがお金管理してますっていう家がまだ多いんじゃないかと思うけど、一回担当をバトンタッチしてみると意外に夫の方がうまくやれたってこともあるかもしれません。

 

ちなみに夫は、今目の前にあるお金を管理するのは得意だけど、目に見えない預貯金とか金額が大きいものになると一気に苦手意識が出てきてしまうようです。

そのあたりはきりん屋がフォローしつつ、ゆくゆくはお家のお金に関してはまるっと夫に任せることができるといいなって目論んでます。

いつになるかな~。