潜在意識を味方につけるのに、失敗

こんにちは、きりん屋です。

 

f:id:kilinya:20161012180919j:plain

 

よくスピリチュアル系の本に、アイディアが浮かばないときに、一生懸命考えて考えてそれでも浮かばなくて、しょうがない今日は寝ようって寝て起きたら、あら不思議いい考えが浮かんじゃうってことがよくあるんですよみたいなこと書いてるじゃないですか。

潜在意識がうまいことやってくれたんですよ、願いをかなえるのもそれと一緒で、考えて考えて、あとは忘れた頃にぽろっと叶いますよ、みたいなこと。

あれほんとなんかな~って不思議で、ずっと。

何かアイディアを出さないといけない時にやってみようって思ってたら、昨日ちょうどいい案件が来たんです。

 

退社間際に上司がとことこやってきて、今度新規で始まるプロジェクトの企画案を明日までに3つ考えてきてって。

は?って感じでした。

企画って?なにそれ?そんなの考えたことないんだけど。

そもそも企画部があんじゃん、企画部の人こそ企画を考えるプロフェッショナルじゃん、そこに頼めよって思ったんですけど、典型的日本人のきりん屋は、ニヤつきつつも頷くことしかできなかったです。

 

家に帰る途中も家に帰ってからもずっとずっと考えました。

とりあえず一つだけはひねり出したんだけど、あとふたつ。

ふたつとか絶対無理、っていう状態で、寝ました。

これこそ潜在意識に頼るべきところだ!明日の朝にはナイスアイディアがふたつ浮かんでいるはず!って思って寝て、起きて、

 

あ、やっぱ無理だわ何も浮かばねーw

 

ってなりました。

おっかしーなぁ。そんな簡単じゃないのかな潜在意識って。

仕方ないので、ひとつ浮かんだやつを無理やり3つにわけてあたかも3つ考えた体裁を整えて提出だけはしました。

即効却下だったけど。うん、だろうね。

 

なんか間違ってたかな~。

考える量が足りなかった?潜在意識に頼り過ぎてた?たしかにちょっと下心みたいなのはあったからな。

潜在意識、自由に使いこなせたら超便利なんだろうけど、きりん屋はまだまだうまくいきそうにありません。

またチャレンジしてみよう。