いきあたりばったりを楽しめるようになりたい

きりん屋です。こんにちは。

 

ズボラーで適当な性格だから、夏休みの宿題とかは全然計画的にこなせなくて学校が始まってからもヒーヒー言いながらやるタイプの人間です。

だけど、自分でも不思議なほど、前もって計画を立ててそれを着実にこなせることに喜びを感じることがあります。ときどき。

例えば旅行に行くとき。

その日一日の工程を頭に入れて、いかに無駄なく、かついかに最適に体力を配分するかを考えて実行していくのが楽しい。

反対に、このあとどうなるかわかんないって時に負のストレスを感じます。

何ごともついつい正解を求めてそこに安心を得る人間なので、いきあたりばったりは苦手。

だけど昨日の夫との外出は、いきあたりばったりだけどとっても楽しかった。

 

朝、とにかく久々に二人ででかけたくて、夫を車に乗せて出発して、よし山口方面に行こうって話になったんだけど、本州にたどり着く前にさっそくトラブル発生。

関門トンネルが事故車で通行止めになってて、じゃあとりあえず門司港でも行く?ってなって。

門司港に行ったら、すっかり忘れてたんだけどフェリーでも下関に渡れることが発覚して、しかもさらにすっかり忘れたたんだけど、いつか行きたいと思ってた巌流島にも行けることがわかって。

思いのほか何もない巌流島で400年前の宮本武蔵と佐々木小次郎の決闘に思いをはせつつフェリー待ちの40分をなんとか過ごして下関へ。

そしてまたすっかり忘れてた唐戸市場で海鮮を楽しみたかったっていう願いを叶えてお腹一杯になり、そういえば行きたかったんだよねって感じで竜宮城のモデルになった赤間神宮をお参りし、再びフェリーで九州側へ。

 

f:id:kilinya:20161016151902j:plain

 

ほんと、こんな楽しくて、こんなにやりたかったことを制覇しちゃって、めちゃくちゃいい半日でした。

ぜんぜんストレスを感じることなく、あ、これダメなんだじゃあこっちにしよう?そういえばここ行きたかったんだよねー!って感じ。

行き当たりばったりって楽しんだなーって思いました。

巌流島でめちゃくちゃお腹すいたときとか、まさか島に上陸する予定なんて全くなくてスカートとヒールっていう場違いな格好が若干恥ずかしかったりとか、ちょいちょい「…」ってこともあったんですけどね。

それを上回る楽しさでした。

たぶん、半分は夫のおかげ。半分は運が良かった。

楽しかったな。また行こう。そして行き当たりばったりもどんどん楽しめる人間になりたいな。