一瞬の笑顔が誰かを救う時もある

きりん屋です、こんにちは。

今日も一生懸命働きました。

毎日一生懸命働いているけど、たぶん周りから見ればまだまだで、アウトプットの量や質もへっぽこです。

このべこべこにされる感じも嫌いじゃないけど。>Mっ気

 

なかなかうまくことは回りませんし、自分でも自分の働きに納得はできないので、Mっ気を発揮しつつ自己嫌悪に陥ることも多々。

だけど今日、いつものように大した働きもできないまま退勤時間が来てしまって、落ち込みながらも振り返って上司に挨拶したら、

いつも鬼のような上司がにっこり笑って「お疲れ様でした」って言ってくれて。

なんだかきりん屋はものすごくうれしかったのでした。

 

f:id:kilinya:20161027174558p:plain

 

上司どうしたんだろう、なにかいいことあったのかな。

たまたま機嫌がよかっただけ?

だけど、あんなふうに笑顔で送り出されると部下としてはとても気持ちがよかったです。

普段ももちろん挨拶は返してくれるけど、ちらっと一瞥しながら言うだけであんな笑顔で言ってくれたことない。

すごいな笑顔って。

めっちゃ威力ある。

きりん屋も使おうこの技。

どんなに忙しくても、どんなにその日その人とうまくいかなかったことがあったとしても、最後の挨拶はにっこり笑顔で言う。

そしたら、その人のなかのその日のきりん屋の最後の印象が笑顔になるから、すごくいいと思うんだよね。

なんの意味もない場合もあるかもしれないけど、もしかしたら今日のきりん屋みたいにそれだけで嬉しいと思ってくれる人もいるかもしれない。

 

当たり前のことをちゃんとやろう。笑顔大事。