みんな、親切にしてもらったらさらっと受けよう

こんにちは、きりん屋です。

 

今日は久々にバスに乗りました。

普段は自転車通勤、雨が降ったら夫が送迎が基本の、雨の日のみお姫様待遇なきりん屋。

しかし冷たい雨が降った本日の午後は、夫不在でバスでの帰宅となりました。

 

座席に座ってたら、隣にご年配の女性が立たれたので、席をお譲りしたんですけどね。

きりん屋が下りるときにわざわざ「ありがとう」って声をかけてくださって、ほくほく気分で帰宅したんです。

 

f:id:kilinya:20170120180641j:plain

 

ちなみにきりん屋、人に席を譲るのは全然抵抗ありません。

昔ブラック企業に勤めてた時は(そもそもそんなに家に帰ってなかったけど)、混んでる電車でもわずかな座席の隙間にお尻をねじ込んで絶対譲りませんオーラを全開にしてたけど。

いまはそんな疲れてなくて座ってなくても平気だし、立つのは嫌いじゃないからすぐ譲る。

逆に譲るの躊躇した後に「あー、やっぱり譲るべき?」「でも今更かなぁ」なんて考えるのが嫌。

だからこれはきりん屋が親切とか人間性が優れてるとかいう話じゃない。

 

なんだけどね。

なんか、きりん屋、こういう席譲る的な、人に親切なことすると、なんかちょっと大げさになっちゃうのがどうしても気になってて。。

いや別に普通に「どうぞ」っていうだけなんだけど。

今日も、席立っておばちゃんに「どうぞ」って言うただけなんやけど、おばちゃんえらい恐縮してくれて、「ありがとうありがとう」って何回も言ってやっと座ってくれて。

いや、もっとさらっと座っちゃってよおばちゃんって思いました。笑

 

日本人特有の、一度は断るみたいな、謙遜の美学みたいなのはきりん屋も重々承知してるし大好きだけど。

もちろん「譲られてあたりまえ、さっさとどけよ」みたいな態度とられたらカッチンくるからね、そういうのは論外としてね、

譲ってもらった感謝は当然するとして、でもみんなもっと素直に善意を受け取ってもいいんじゃない?って思います。

 

きりん屋も息子がまだ赤子だった頃から今も、特に外出中はたくさんの人の親切に支えられています。

そういうの、以前は「申し訳ないな~」と思ってたけど、今は「ありがとうございます」って素直に受け取るようにしています。

自分だったら、そういう風に受けてもらった方が安心するから。

そして次に逆の立場になったときに、次は自分が親切してあげればそれでいいんじゃないかな。

そういう世界って、きっとなかなかいいと思うよ。