そろそろ自分が本当にやりたいことを見つけたい

どんなことにも喜びや楽しさを見つけて前向きに取り組めるのがきりん屋の長所。

そして、どんなことも割と器用にこなせるタイプでもある(自称)。

ゆえに、今までの人生もそれなりに楽しくやってきたと思うのだけど、

しかしそれゆえに、30過ぎた今になって路頭に迷ってる感が出てきました。

 

きりん屋はいったい、何をして生きたいんだろうなぁ。

 

プライベートに関しては今のところ迷いがないのです。

今はとにかく新しい経験がしてみたくて、その時にどういう気持ちになるのかとか、それをすることで自分にどんな変化があるのかとか、そういうのを感じるのが面白い。

楽しいことを優先してるし、やりたいことを見つけて実際にやってみる楽しさも感じてる。

 

反して、悩んでいるのが仕事。

きりん屋はずっと、自分の成長のために仕事を続けたいと思ってきたし、短くはない社会人生活で実際に成長できたなって思うこともたくさんある。

自信もついたし、かと思えば自分など比べることもできないくらいデキる人に出会って落ち込んだり。その繰り返しで少しずつできることが増えてきたと思います。

 

だけど、最近改めてこの「成長」を考えた時に、

もしかして今きりん屋が成長と思ってることは、単に今の会社のやり方に慣れているだけじゃないかと疑問が出てきました。

必死にこなしてるこの仕事も、あの調整も、例えば他の会社に転職したら使える?

そもそも職人でもない、チームの中の歯車の一つでしかないきりん屋にとって、本当に自己成長と呼べる成長ってなんだろう?

てゆーか、きりん屋は何のために成長したんだろう?いろんな仕事で役立つスキルやマインドを身につけて、それが何の役にたつの?

 

きりん屋の答えは、それもこれも全部、自分のやりたいことをやりやすくするために使いたい、だ。

言葉を変えるなら、人生の使命とか生まれてきた目的みたいになるんだと思うけど、そういうのを達成するためにきりん屋は今仕事を通じていろんなスキルやマインドを身につけてる。

やりたいことがわからない今の状態は、目的不在で手段ばかり磨いてるってことだから虚しくなってきたのかもしれないなぁ。

 

f:id:kilinya:20170404195710j:plain

 

私は人生を通して何を成し遂げたいんだろう?

それを考えて、そのために必要なスキルを身につけるって気持ちで仕事をすることができたら(なんならそれを仕事にできたら)それはなにより幸せなことなんだよな。

果たして世界中のどれだけの人が、自分の成し遂げたいことを明確にして生きてるんだろう。

そういうの考えるってめんどくさいし、そんなこと気にしなくてもそこそこ楽しいし、そんな感じで何となくこの年まで生きてきたけど、

自分のやりたいことがわからないって、やっぱり残念よね。情けない。

時間をとって、しっかり考えないといけないんだ。