脳内解剖図をかいてみた

いつも楽しく拝見しているブログがあります。

mount-hayashi.hatenablog.com

 

書籍も出されているようで、きりん屋がご紹介するまでもないくらい有名な『ミニマリスト日和』というブログ。

おふみさんの考え方だったり、物事の捉え方や表現の仕方に憧れるし、悩んだり試行錯誤しながらも現状をきちんと分析されている様子が伝わってきて、いつも襟を正される思いで拝見しています。

 

そんなおふみさんのブログで書かれていた「脳内解剖図」。

面白いなーと思って、きりん屋もかいてみました。

 

f:id:kilinya:20170411132742j:plain

 

深く考えずに、とにかく自分の頭の中にある言葉や気持ちをどんどん書いていきました。

堂々巡りのようにいつも考えていることはもちろんのこと、思いがけず出てきた言葉もあって、本当に奥が深いというか自分のことなのにまだまだ知らない(気づいていない?)部分がたくさんあるなぁと思います。

 

おふみさんは上の記事で「自分について理解していくというのは、心地よいものだなと思う。」と書かれていました。

きりん屋は、本当の自分とか自分探しって、めんどくさいと思ってたけど、こうして思いつくままに書いてみて、改めて見直してみると自分ってこんな面があったのか面白いなって思えるようになりました。

そうか、自分について考えることは心地の良いものなんだ。

これはいいことに気付かせてもらったかも。