ちゃんとアイメイクをすると、褒められることが増えた

女性のみなさん、春になるとメイクするの楽しくないですか?

きりん屋は楽しい。毎年暖かくなってくるとメイクが楽しくなってメイク用品をあれこれ物色しだす。

気温とメイクモチベーションの相関関係は今のところ不明だけど、毎年のことです。

 

f:id:kilinya:20170430141725j:plain

 

今年もその季節が来ました。

そして今年は、独流でやってた今までとは違い、こんな本を仕入れてみました。

周囲がざわつく自分になる 必要なのはコスメではなくテクニック

周囲がざわつく自分になる 必要なのはコスメではなくテクニック

 

 

そういえば、メイクの仕方って習ったことない

思えば、学生時代に初めて見よう見まねでメイクを始めて以来、メイクの仕方を習ったことがありません。

雑誌やネットで情報を仕入れたり、デパートのコスメカウンターでメイクしてもらう時に「あ、これってこういう風に使うんだ」って知ったことも多々。

総じて、なんとなーくでメイクし続けてきました。そして別にそれに疑問を感じることもなかった。

なんだけど、どこかでこの本がおススメされていて、物は試しで買ってみました。

「全然知らなかったー!」とか「こんな神業テクニックが!」っていうような強烈な驚きはなかったけど、

メイクの一連の流れをきちんと体系立てて説明されるのが初めてで興味を持って拝見することができたし、

なによりも、手順とテクニックを駆使してきちんとメイクすれば一日中お直しなしでもOKとか、シーンによって何種類もアイテムを持たなくても1通りのメイクができれば問題なしとか、メイクのプロにそう諭されることに安心感がありました。

それでいいんならきりん屋でもがんばれるぞというか。

 

一番の収穫はアイメイク

さて、本書の中でもきりん屋が特に意識して取り入れたのがアイメイクと眉メイク。

アイメイクは、実は普段はほとんど何もしていません。

昔、もりもりメイクしてた時に彼氏に「目つき悪く見える」って言われたのが若干トラウマになって、アイラインやマスカラに苦手意識すら感じてました。

だけど、この本に書いてある通りにメイクしたら、その日から立て続けに「きれいですね」「目が大きいですね」ってお褒めの言葉を頂きまして(きりん屋は普段全然見た目を褒められることはない)、その効果に有頂天になりました。

きれいですね、だって!うふふ!嬉しい!

 

おススメすぎる、マスカラ下地

特に、本の中でも紹介されてるキャンメイクのマスカラ下地がすごく良くて。

キャンメイク クイックラッシュカーラーER クリアホワイト 4.5g

キャンメイク クイックラッシュカーラーER クリアホワイト 4.5g

 

 今まで、ビューラーで上げてマスカラ塗ってもすぐ下がってきてたまつ毛が、夜までビシーとがんばってくれてます。

きりん屋のまつ毛は間違いなくこの子に支えられてる。

 

眉毛もやっと時代に追いついた

眉毛も、世の中では太眉が流行というのは気付いていたけど、自分がやると野暮ったくなるので細眉のまま何となく過ごしておりましたが、

本を読んで、ブラシを使って時間をかけて丁寧に描くようにしたらそれっぽくできるようになりました。

 そして眉毛を変えたらびっくりするくらい、最近っぽい顔になった気がします(自分比)。

アイメイクの時も「目が大きく見えるなー!」って思ったけど、眉毛はそれ以上に自己満足が高いです。眉って大事なんだね。

 

メイクって、めんどくさくなると、とことんめんどくさいけど、楽しくなるともう楽しくてたまらない。

女に生まれてよかったなーって思う。