なんでもない日にプレゼントを贈る

 

夫は典型的な日本男児です。

 

愛してるとか言わない。年に一回くらい、好きっていうかどうか。

 

抱きつけば喜んでくれるけど、花束とか貰ったことはないし、

 

道を歩けば自然と車道側に回ってくれるけど、

昔きりん屋がわき見歩行をしてて派手に電柱にぶつかったときは、心配するより大声で笑う方が早かったし、

 

建物の入り口ではレディファーストできりん屋を先に通してくれるけど、

ティファニー本店で「好きなの選びなよ」なんて言ってくれたことはない。

 

まぁそういうところが良いんですけど。

きりん屋もそれほど熱量は高くないから。

 

そんな彼から、突然のプレゼント

 

そんな夫が、昨日、突然、「はい、プレゼント」って包みを差し出してきまして。

 

f:id:kilinya:20171124104020p:plain

 

きりん屋、ぽっかーーーん・・・・・で。

 

え、え?プレゼント??ってなってね。

え、え?なんで?なんで??ってなりました。

 

だって別に、何かの記念日とかじゃないし、

勤労感謝の日だったけど、きりん屋いうほど勤労してないし。

何かほしいとか言った覚えもないし。

 

そしたら、夫が、「なんでもなくてもいいやんか」って。

 

あんた、いつの間に、そんな男前になったん…!って感動してしまったのですよね。

 

そうよね、なんにもなくても、いいやんね!

プレゼントって、贈っても貰っても嬉しいから、ただ、贈る。

それって素晴らしいことだよね!ってなりました。

 

みんな、サプライズって、素敵やで。

正直言うとな、中身大したことなかったけど、贈り物をしようっていうその気持ちが、感動もんやったもん。

 

そんなわけで、あまりに嬉しくてうれしくて仕方がないので、

この喜びを循環させるべく、珍しく、母にプレゼントを買いました。

 

f:id:kilinya:20171124104436j:plain

 

きっとこれ渡したら、昨日のきりん屋みたいに「え?なんで??」って言うと思うけど、そしたら言うんだ。

なんでもなくてもいいやんか」って。

 

きっと喜ぶ。ふふふ。