彼女がお風呂で読んでいた、ボロボロの『ナラタージュ』

 

最近知り合った、とても可愛い女の子の友達がいます。

わたしより年下で、見た感じはちょっと派手な、きつそうな感じなのに、

ごはんを食べる時にさらっと膝上に広げる真っ白なハンカチとか、

キャラメルやショコラより塩味のポップコーンを好むところとか、

いちいちきりん屋のツボをついてくる、大好きな友達。

 

彼女がお風呂で読んでいた、ボロボロの『ナラタージュ』

 

そんな彼女とごはんを食べていた時、お店の向かいにある映画館の壁に

ナラタージュのポスターが貼ってありました。

 


映画『ナラタージュ』WEB予告

 

若い女子は松潤が好きやろうっていう雑な理由で、その話を振ったんですよ。

そしたら彼女、ナラタージュの原作大好きみたいで、

えらくテンションがあがちゃったんです。

 

反して、原作本読んだことないきりん屋。あんなに人気なのに。

ミーハーのきりん屋にしては割と珍しい。

たぶん、当時あまり恋愛ものに手が伸びなかったのです。

 

そしたらその子が、「絶対読むべき。こんど持ってきます!」って言い出してね。

貸してくれはるんや、嬉しいなぁって思ってたら、

次会ったときに、まさかの、リボンで包装された新品本を頂いちゃって。

 

え、わざわざ買ってくれたん?だめだめ、なんか申し訳ないー!って騒いでたら、

その子が、「自分が持ってるの、読み込みすぎてボロボロなんで。わたしお風呂とかでも読むから紙が水分吸ってブワってなってるし」って言ってね。

 

いや、お前いい子かよってなって。(いい子なんだよ)

 

その時に、その子がポンって出した、彼女がずっと読んできた本が、

言葉の通り、見るからにボロボロで、変色してて、

だけどなんだか、そこにとても愛を感じたのですよね。

 

断られたら素直に引こうと思いつつ、

もしよかったらそのボロボロの方が欲しいって言ったら快諾してくれたので、

頂いた新品本はその手でまた彼女の元に戻りました。

いま、きりん屋の手元には、ボロボロのナラタージュがあります。

 

ごわごわでざらざらの紙の感じとか、反った表紙とか、折れた角とか。

本のたたずまいの全てが、強烈に、何かを訴えてくる。気がする。

なんだろう、とてもとても、愛おしいというか。

 

f:id:kilinya:20180112092329j:plain

 

まだ開始数ページなのですけど、

彼女からもらったこの本だからこそ、

この物語をもっと味わうことができると思ってます。

 

大事に読もう。大事にしよう。