疲れた時は自分に見栄を張るの、やめよう

 

駅前を歩いていたら、新しいケーキ屋さんが出来ていて、

そこに並ぶチョコタルトがとても美味しそうで、

だけど待って、あれなら自分でも作れそう…?と思って、

スーパーで材料を買って帰宅。

 

帰り着いてから、「え、こんなに疲れてるのにこれからチョコタルト作るの?私が?」ってなりました。笑

 

こういうことが、結構あります。

 

疲れた時は自分に見栄を張るの、やめよう

 

そんな話を母にしたら、

「それはね、自分に見栄を張ってるのよ」って言われました。

 

ん?自分に見栄を張ってる?って、最初はピンと来なかったけど、

うん、確かにこれは見栄かもしれない。

 

f:id:kilinya:20180208062119j:plain

 

自分を良く見積もり過ぎというのか。

無意識だけど、自分に対して「がんばっちゃう自分」を演じているというのか。

 

もちろん見栄って悪いことばっかりじゃないと思う。

 

自分を良く見せようと背伸びをするのは健全な欲求だし、

出来ないかも…と思いつつ、見栄を張って受け取った仕事に挑戦するも楽しい。

そうやって人は一回りも二回りも成長できるのだし。

 

ただし、それは自分が前向きにとらえられる範囲に収めておきたい。

きつくてしんどくて、もうこんな見栄張るのやめたいって思ったら、

そこはもうアウト。

 

自分に対する見栄も、一緒よね。

 

元気いっぱいで、気力にあふれて、心も体も前向きな時は、

いろんなことにチャレンジすればいい。

今までの人生でも、そうやって自分や人生の幅を広げてきた。

 

だけど、しんどい時は自分のちっぽけさも認めたい。

 

疲れたら手を抜けばいいし、怠いなら最低限の活動さえできればよしとする。

自分を、大きく立派なものだと思わない。

 

 

自分なんて所詮その程度。

したくないことはしない。できないことは無理しない。

 

自分に見栄を張るのをやめたら、きっともっと自由になれそう。