道はどこまでも続いてる、わたしは歩いてどこでも行ける

 

歩くのが好きです。

音楽を聴いたり、あれこれ考え事をしたり、知らない道やお店を探索したり、

目的地までの移動という目的以外にも、いろんな楽しみがあるから。

 

 道はどこまでも続いてる、わたしは歩いてどこでも行ける

 

会社勤めをしていた時は、あんまり歩かなかった。

単純に時間を短縮したくて。

 

歩くって、とても複雑で優れた動きだと思うけど、難を言うなら時間がかかっちゃう。

今の時代のスピードにマッチしてないのかも知れない。

 

今、歩くことをこんなに楽しめているのは、自分がそのスピードから離脱してしまった証拠かもしれない。うふ。

 

昨日は、今まで車でしか行ったことのなかった図書館を目指しました。

車だと20分ほどの距離を、ちゃかちゃか歩いて1時間くらい。

 

角を曲がったら突然おしゃれなレンガ道になったり、

年代を感じつつも、ちょっとインスタ映えしそうな平家を見つけたり、

車で通った時には気づかなかった、どうでもいい楽しさがたくさんあった。

 

昔、高速道路の料金が、どこまでのっても1000円になった時、

東海から青森の津軽インターまで延々走ったことがありました。

本州最北端の大間岬に立った時、

あー、道って本州の端っこまで続いてるんだなって思いました。

当たり前なんだけど、その時に初めて実感したのです。

 

そのあとフェリーで北海道にも行って、

こんな調子で進んでいったら、日本でも世界でも好きなところに行けちゃうなと

ワクワクしながらラーメンを食べました。

 

f:id:kilinya:20180210062947j:plain

 

道はどこまでも続いてる。

歩けば、わたしはどこにでも行くことができるんだな。

それってすごいこと。恵まれてること。ありがたいこと。