塔の上のラプンツェル、大好き

先日の金曜ロードショー、塔の上のラプンツェルでしたね。

全然興味なかったんですけど、観てみたら大ハマりしました。

一部のシーンはこの1週間で20回は観ました。笑

 

f:id:kilinya:20170316204233j:plain

 

ディズニー初の3Dで描かれるプリンセスストーリーとのことで、最初は「目がでかすぎて気持ち悪い」とか「王子の顔がイマイチ」とか失礼なことばっかり思ってたんですけど、これ本当に面白い。

ストーリーも、歌も、映像も、すごくいいです。

きりん屋はこの年までディズニーは苦手というか、あの、ミュージカル的な演出がどうも受け付けられなくて、目を合わせたとたん突然手を取り合って歌い始めたりするじゃないですか。なんやの、あれってずっと思ってました。

だけどこの作品は、すーっと馴染んでいて、例の目を合わせて歌いだすシーンも胸が高鳴りました。

 

王子がひねてるのもいいよね。ちょっとおっさん臭いというか。

現実世界にいてもきっと王子的な立ち位置にはならないと思うけど、そこはさすがのディズニー。

空に浮かぶ光を間近で見たいという夢を叶えようとするラプンツェルを、

「人生で最高の日なんだろ。とびきりの席を用意しなきゃ」って船上に連れ出すあたり、やっぱり王子さまですよ(この時点ではまだちっぽけな泥棒ですけど)。

この王子さまが、例の見つめ合って歌う歌がね、またいいの。

 

いつも気の向くままひとり生きてきた

本当に大切なことに背を向け

今夜は僕のそばで君が微笑んでいる

やっと見つけた僕のいる場所

 

輝いている未来照らす光

夢を叶えた特別な夜

世界がまるで昨日とは違う

 

きりん屋は、こと恋愛に対してはちょっと男前でありたいというか、夫に幸せにしてもらいたいっていうより、夫を守って彼を幸せにしてあげていっていう気持ちが強くてですね。だけど、結局のところ彼の存在で自分も幸せにしてもらってる的な。

なんとなく王子様のこの歌が、歌詞が、とても感情移入できました。

 


Tangled - I See The Light - Mandy Moore

このシーンが好きすぎて吹き替え版で何度も見てるので、普段苦手なはずの英語でも意味が理解できる。笑

 

ちなみに一週前に同じく金曜ロードショーでやってたアナと雪の女王にこの二人でてるらしくて、それ知って即効探しました。本当にいたよ!(後姿ですけど)

 

その流れで、アナと雪の女王も観たんですけど、最近のディズニーのプリンセスものって、お姫様がすごく魅力的ですね、現代的で。

エルサはちょっと系統がわかれるけど、ラプンツェルもアナも明るくて自由で、でも胸のうちに抱えているものがあって、必死に生きていこうとしている様にとても心惹かれました。

 

今まさに夢が叶おうとしている時に、ラプンツェルが「夢が叶ったら次は何をしたらいいの?」って王子さまに聞くシーンがあって、

王子さまは「それが楽しいんじゃないか、また新しい夢を探すんだよ」って笑いかけるのです。

そうだよね、夢を叶えるって、そして新しい夢を探すってとても楽しいことだよね。

その時に自分の大好きな人がこんな風に傍で支えてくれたら、こんなに幸せなことはないんだろうな。

 

観た後に、ほっこり幸せな気持ちになれる、素敵な映画です。おすすめ♪